オイルパン・トランスミッションカバー

再度、シフトとトランスミッションの動作確認を行ってから、オイル廻りの組付けを開始します。

まずはオイルポンプを取り付けます。

Oリング、エレメント、ガスケット等は新品を準備して組付けを続けて行きます。

続いてトランスミッションカバーの取り付けも行います。

カバーは再塗装後、オイル窓やシール等をすべて一新して常時ストックしているものを使用します。

最後にオルタネーターやセルモーター、ウォーターポンプの入る部分に専用のキャップを取り付けて、ひとまず腰下完了となります。

つづく