バランサー・ワンウェイクラッチ

腰下分解や製作において必ずチェック・交換となるのがバランサー、ワンウェイクラッチとなります。

まずはバランサーですが、エンジンの振動やメカノイズを低減させる重要なパーツとなります。

組付けられた状態で、一度バランサー自体のガタや摩耗を確認し、分解を行います。

非常に良い個体でしたが、今後の経年劣化を見越してダンパー部分は新品に入れ替えておきます。

再度、正確に組み立てを行い保管しておきます。

続いてはワンウェイクラッチです。先述のバランサー同様、腰下クランクケースを割らないと取り外せない部品であり、尚且つ、ワンウェイクラッチには旧式のものと、その弱点を改善したタイプのものが存在します。

写真左が今回組み込む対策後のタイプとなります。今回ご依頼いただいたようなエンジン製作におきましては、当然こちらのタイプでの構成となりますが、当社が請け負うエンジンオーバーホールのご依頼に際しましても、必須のチェック・交換項目となっています。

繰り返しとはなりますが、この腰下内部のパーツに滑りが発生したり、最悪破損ということになりますと、エンジンを降ろして腰下分解という工程が必要で、我々はもちろんですが、お客様にはあらゆる面で非常にリスクの高い障害となってしまうため、必須の処置となっております。

つづく