オイルパン・ポンプ~腰下完了

オイル関連部品の組み付けに進みます。

オイルポンプは分解清掃を行う上で、特にローター部分の摩耗をチェックしておきます。

このエンジンは異物の噛み込みが全く無い非常に良好な状態のクランクメタルが物語っていたように定期的に良質なオイルの交換がきちんと行われてた事が予測されます。従って当然オイルをクランクメタルに圧送する役目であるオイルポンプも良好で
あるはずですが、それでも念のため内部に異常が無いかを確認し、このエンジンが
今後数万キロの永きに渡り当たり前のように機能するためのチェックを行ってまいります。

オイルエレメントはもちろん、Oリング類はすべて交換となります。

底打ち防止タイプのマフラーに合わせて、オイルパンも変更します。

オイルパイプやラインに詰まりや異物の混入がないか入念に確認したのち、グリス・液体ガスケットの塗布を行い、ガスケットを載せてオイルパンを被せます。

前回のブログにて写真掲載漏れがありましたが、トランスミッション・クラッチカバーもガスケット交換後、取付完了しております。

腰下完了です。

つづく