クラッチ

引き続き腰下部分の作業を行っていきます。

まずはクラッチ部分の清掃後、フリクションプレート、クラッチプレート、クラッチスプリング他、クラッチ部分各部品の検査・計測を行います。

クラッチップレート、フリクションプレート、クラッチスプリング等、当社が独自で編纂し制作している適性データ表と照らし合わせ、すべて適正値であることを確認後、目視での確認も行い組み付けに入ります。

クラッチハブナットは、再使用不可の為交換です

同様に、オルタネーターシャフトまわりのギア、チェーン、テンショナー等も検査後、必要部品を交換し取り付けます。

クラッチカバーは再塗装処理を施したものへ交換です。

同時に、ケースの反対側のトランスミッションカバーも取り付けておきます。

最後にシフトアームを取り付けて、シフト外部機構の動作確認を再度実施します。

再塗装を施したカバーに新品のオイルシールと点検窓を圧入したのち、取り付けていきます。

つづく