エンジン製作開始

大変お待たせしております。これよりコンプリート車両のエンジン制作を開始致します。

腰上(シリンーダヘッド・シリンダー)は外注先で清掃・カーボン除去・ボーリング等行うため、その間に腰下を準備していきます。

こちらがベースとなるエンジン腰下部分となります。
今回使用する腰下は保管に際し、各カバー類・オイルパン等、保護用のものを仮付けしておりました。

各部品を取り外し後、細部をチェックしていきます。
一見関係ないように思われますが、組付けられるエンジンの仕上がりのクオリティは分解工程で決定します。

すべての部品が組付けられているこの段階で、一つ一つの部品の摩耗具合や作動状態、部品同士のアタリの確認、検証を行いながら分解をすることでこのエンジンがどのように使われていたか、どこを重点的にリビルト&交換していけばいいかを含む検証という作業を当社では分解工程で行いますので ここが非常に重要な作業工程となります。

クランクケースは再塗装の為外注先に送られます。

そして分解した各パーツは作動確認・分解・清掃・検査後、リビルト作業及び交換を行い、組み付け工程で安心してスムーズに組付けできるよう、この段階に最も多くの時間を費やします。

つづく