製作工程
まず、ホイールの振れを測定します。

専用の測定器に乗せて、
ダイヤルゲージを使って100分の1mmまで測定します。

写真は縦方向の振れを測定してます。
ここでは、ホイールKITが出来るまでの過程を
画像つきで紹介しています。
参考までに見てください。
続いて、横方向の測定です。

同じく測定器の上で、100分の1まで測定します。

その際、振れている所にチョークで印をつけておきます。

ちなみに写真のホイールは、分かりやすくするために

かなり激しく振れているものを撮影してます。

普通はこんなのは商品化しません。
(ダイヤルゲージの隙間に注目)


測定が終わって振れているものは

実際に、振れの修正に入ります。

曲がっている部分をバーナーで温めながら、

少しずつ曲がっている部分を反対へ押し戻していきます。

修正完了です。押して戻した部分のアップです。

木片とプレスの隙間が押し戻した量です。

繰り返しますが、これは撮影用に

かなり振れていたホイールを使っています。

普通、修正は大きく振れているものでも、1mm〜5mm位です。

まあ、5mmも振れてたら真っ直ぐ走れないですけど・・・・・

振れ修正が終わったら次はパウダーコーティングです。

まず、サンドブラストをかけて、純正の塗装を落とします。

箱の中にホイールを置いて

二つの穴から手を突っ込んで作業します。

塗装を落としたらこんな感じです。

するどい人はお気づきだとおもいますが

さっきとホイールが変わってます。

撮影する時にちょうどいいのがなかったんです。

ごめんなさい。

塗装を落とし終わったら

パウダーコーティングになります。

専用の箱の中でプシューと吹き付けます。

またまた、ホイールが変わってます。

重ね重ねごめんなさい。

粉末を吹きつけた後、

専用の焼付け炉で熱風を当てて乾燥させます。

全然、塗装してませんが

突っ込まないでください。

これで完成です。

後は最終チェックのために

各部寸法の測定と検査治具に仮組みして

問題なければお客様に発送します。

度々、ホイールが入れ替わって

非常に見苦しいと思いますが時間がある時に直していきますので

よろしくお願いします。