スペックエンジニアリング





注:料金表示は全て税別価格となっております。

TOPページ > ZRX1100 > ホイール加工

ホイールボルトオン加工 for ZRX1100

アフターサービス ホイール下取り
>>ホイール加工とは?
溶接や切断などの大幅な加工を必要とせず、「ボルト留め」で搭載や交換が出来ると言う意味です
現在お持ちのホイールを宅急便で弊社へお送りいただければあなたの愛車に無加工で装着できるようにセットアップいたします
愛車のノーマルの前後ディスク及びキャリパー、サポートなど加工や交換することなくそのまま装着可能となります
 
どのようにしてたのめばいいの?⇒ 加工についての説明
・こうしてホイールが出来上がる!!⇒加工の全工程へ
・ホイール装着時の注意事項です ⇒ ご依頼前に必ずご確認ください

注意:ベアリング脱着や機械による切削作業等を伴うため、ホイールに傷などが入る場合がございますので予めご了承ください。

基本加工料金
  フロント:¥25,000 リヤ:¥28,000 KAWASAKI 流用ホイール加工 共通価格(税別)

納期:火曜日までに入荷した物に関しては、原則その週末に出荷します。


フロントホイール装着に必要な部品
特に必要なものはありません ¥0
※メーターギアをご確認ください


リアホイール装着に必要な部品

スプロケセット1
(530リヤスプロケット)
スプロケット ¥9000


ホイール加工 オプション (基本加工料金にプラスされます)
ホイールベアリング新品交換 ボルトオン加工と同時にベアリング新品となります     ¥0
ホイール曲がり、損傷測定 ホイール修正ホイール入荷後、曲がり、振れ、損傷を測定いたします ¥0
ホイール修正を行う場合 ホイール修正 ホイールに振れなどの損傷がある場合お客様にご連絡し、金額打合せ、決定の後に修正を行います 

価格はこちら

塗装をしたい方 パウダーコーティングパウダーコーティング
(ホイール加工と同時の場合)
価格はこちら
ハブをお持ちでない方 ハブ パウダーコーティング済みリビルドハブを
弊社で用意致します。
価格はこちら
ハブダンパーをお持ちでない方 新品のハブダンパーを弊社で用意致します 価格はこちら
新品特価タイヤセット
(120&180限定)

タイヤのメーカー、銘柄はお選びできませんがお得な
前後タイヤを組み付け、バランス取してお届けします。
(※使用するメーカーはミシュラン、ダンロップ、ブリジストン、ピレリ)
価格はこちら


フロント3.50-17  リヤ5.50-17  (タイヤはフロント120 リヤ180)

スプロケットセット1が必要です

◆ZXR750
※フロントの設定はありません

◆ZX-9R(〜97)
※フロントの設定はありません

◆ZX-9R(98,99)
※フロントの設定はありません

◆ZRX1200

※フロントの設定はありません

◆ZX-6R(〜02)
フロントは+\10000

◆ZZR1100D
※フロントの設定はありません

フロント3.50-17  リヤ6.00-17  (タイヤはフロント120 リヤ190)

スプロケットセット1が必要です

◆ZX-9R(00〜)
フロントは+\10000

◆ZX-12R
フロントは+\10000

◆Z1000(03〜06)
フロントは+\10000

◆ZX-7R(R)
※フロントの設定はありません
 





ZRX1100用 ボルトオンホイール 装着時 注意事項   ご依頼の前に必ずご確認ください。  
◎チェーンカバーのカットについて
ZRX1100に180以上のタイヤをつけた場合チェーンケースとタイヤが干渉しますのでチェーンケースを一部カットする必要があります

◎オフセットスプロケットの有無について
ZRX1100のリヤホイールはタイヤサイズ180まで(リム幅は5.50インチ)まではノーマルのチェーンラインで
タイヤには干渉しませんがタイヤサイズ190でリム幅6.00インチから干渉が始まりますので

フロントスプロケットを反転
してお取付いただくことになります。

◎リヤスプロケットについて

以下のホイールキット以外のものに関しては全て別途リヤスプロケットが必要です。
ZZR1100D ホイールキットのみノーマルスプロケットが使用可能です

◎取り付け可能サイズについて
リヤタイヤサイズ180まで(リム幅は5.50インチ)の場合ノーマルチェーンラインのままで対応可能。
リヤタイヤサイズ190(リム幅は6.00インチ)の場合フロントスプロケットを反転してご使用下さい(5ミリオフセット)


◎リヤブレーキディスクについて

弊社のホイールキットは基本的にZRX1100のノーマルディスクが使用可能となっていますので、流用ホイール側のディスクは必要有りません。

◎フロントホイール装着について
ホイールとディスクの間にガスケットが装着されている車両はそのままディスクプレートガスケットを使用して
装着してください。なお、ガスケットが変形および破損している場合は必ず新品と交換してください。





Copyright © 2001-2011 SPEC ENG. All Rights Reserved