クランクシャフト・トランスミッション

クランクシャフトの搭載から行っていきます。

クランクメタルを準備し、取り付け終えた後、グリスを塗布してクランクシャフトを載せていきます。

この後クランクケースを閉じるにあたって、位置出しに必要な仮のタイミングローターもこの時点で取り付けておきます。

続いてトランスミッションに移ります。

トランスミッションのベアリング部とケースの間に入るポジションリングは、エンジン製作や腰下分解の際は必ず新品を組入れます。

手動でギアを1~6速のポジションに動かし、適切に組まれているか再度確認しておきます。

最終的にケースとトランスミッション本体とのガタが無いか確認して搭載完了です。

つづく