クランクケース part3

シフト廻りの取り付けに入ります。

まずはシフトドラムを挿入します。

続いてシフトフォークですが、組付け時干渉してしまう部分は保護のため一時的にグリスを載せておきます。

ドラムとシフトロッドを固定後、ポジショニングレバーの取り付けとなります。

ここまででアッパー・ロア各ケースへの組付けは完了となります。

つづく