シリンダーヘッド part2

カムシャフトは中古とはなりますが、非常に状態の良い個体をご用意できましたので、こちらを使用します。

すべて清掃・チェックを行いますが、特にカムシャフトキャップはバリ取りと面だしを事前に行っております。

カムシャフト搭載はグリスを塗布して進めていきます。

こちらのボルトも、締め付け順とトルクを管理しながらの進行となります。

シリンダーヘッド内の組付けが適切に終了後、圧縮を確認するため一時的にプラグを取り付け、更にバルブクリアランスのチェックと調整を行います。

つづく