腰上~シリンダー&シリンダーヘッド

再度、シリンダー内の清掃とオイル塗布を行ってガスケットと共に組付けていきます。

シリンダー組付け後再びクランクシャフト回して、スムースに且つ適度で均等な抵抗を伴ったピストンの動きが行われているか、また簡易的な圧縮の確認も行っておきます。

次にカムチェーンガイドを取り付け、シリンダーヘッドを載せていきます。

ヘッドボルトにスレッドコンパウンドを塗布し、順番とトルクに留意しながら締め付けを行っていきます。

つづく