腰下~オイルパン・ポンプ

腰下底部、オイル関連パーツの組付けに入ります。

まずはオイルポンプからです。

パイプ類のつまりが無いか再度エアコンプレッサーで確認を行い、Oリングを準備します。

特に、この樹脂パーツはオイルパイプの脱落に関わる重要部品であるため再使用は避け、新しいものを固定しておきます。

今回はマフラーとの関係上、ZRXのオイルパンを使用します。状態の良いものをチェック後再塗装を施して使用しております。

こちらもガスケット、Oリング等は新品を用意しておきます。

外部のオイルラインは腰上完了後に、取り付けとなります。

つづく