腰下~クランクケース

腰下内部部品の準備が整いましたので、クランクケースを閉じます。
まずはメインベアリングキャップを取り付けます。

バランサーを適正な位置で組むために、この時点でタイミングローターの仮付けを行います。

最終的にオイル&グリスを適正に塗布後、合わせ面に液体ガスケットをのせてケースを合わせていきます。

ケースボルトにはスレッドコンパウンドを塗布して、トルク管理のもと締め付けていきます。

ロア側のボルト締め付け完了の後、ロアケース用のエンジン台に載せ替えて、アッパー側を同様に締め付けていきます。

つづく