腰下~トランスミッション

トランスミッションをアッパーケースに搭載していきます。

ベアリングとケースを固定するリングは摩耗が現れやすく、結果トランスミッションのガタを生み、様々なトラブルの起点になるパーツであるため、必ず新品を用います。

ギアを1~6速まで手動で動かし、適切に組めているか再度確認しておきます。

シフトフォークとの噛み合わせを想定して、ニュートラルポジションにギアを設定しロアケースを待ちます。

つづく