コンプリート車輌~エンジン製作開始

ご報告が遅くなり申し訳ございません。これより、コンプリート車輌の製作過程を少しずつではありますがブログにてご紹介させていただきます。まずはエンジン製作の様子をご覧いただければと思っております。

ベースとなる腰下クランクケースは、再塗装を行うために専門業者へ出ておりますので、その間にケース内部部品を検査とともに選定していきます。

今回はトランスミッションのご紹介です。
GPZ900Rのトランスミッションを構成するシャフトやギアは、すでに新品では手に入らないものが多くあり、当社の膨大なストックの中から状態の良いものを選び再構成していきます。

アウトプット側

個別のギアごとに、噛み合う部分のチェックはもちろんですが、ガタの原因を生むシャフトとの摺動部の状態を入念に調べていきます。そのうえで複数の候補の中から最良のものを選定します。

シムやクリップ類はいち早く摩耗が現れる箇所であり、また、新品も手に入る部品であるため、ベアリングも含め刷新します。

インプット側

今後、さらにクランケース組付け時、シフトフォーク結合時と随時チェックを続けて行きます。

つづく