コンロッド・クランクシャフト

はじめに、コンロッド下準備のご報告となります。

コンロッドは曲がりと捻じれの検査を行い、基準に適うものを選定していきます。

コンロッドボルトは再使用せず、取り外して新品を圧入し直します。

続いてクランクシャフトですが、再度清掃後、振れの測定を行っております。以下、そのデータとなりますので、よろしければタイトル部分をクリックしてご確認ください。

コンロッド同様にクランクシャフトも良好な状態であることを確認後、コンロッドメタルを準備し組み付けに入ります。

ナットを規定トルクで管理し、更に回転角度法を用いて、こちらも規定通り締め付けていきます。

つづく