腰下組み付け part 2

以前のブログでご紹介したように、クラッチ・オイルまわりは分解時に清掃点検を終えていましたので、組み付け作業のご報告となります。

再度、オイルライン・オイルパイプに詰まり等無いか確認して、Oリング新品交換の後、組み付けていきます。

新品のガスケットとオイルエレメントを準備し、オイルパンを取り付けていきます。

続いてクラッチ側です。

プレート・スプリングともに異常はなく、測定値も使用限度内であることを再度確認し、組み付けに入ります。

オルタネータースプロケットやチェーン、テンショナーと正確に進めていきます。

クラッチカバーを取り付けて完了です。

取り付け後の画像を失念してしまい申し訳ありませんが、トランスミッションカバーは再塗装処理したものに、新品のオイルシール類を圧入して使用しました。

つづく