トランスミッション

まずは分解清掃を行い、各部チェックしていきます。

ギアの噛み合わせ部、シャフト・ワッシャー等と接する内側の部分とも偏摩耗は見られず、ベアリングも良好な状態でしたので、クリップ類を新品に交換し再度組付けます。

ケース搭載後、詳細な動作確認を行いますが、この時点でも適切な組み付けが行われているかチェックし完了です。