クランクシャフト・コンロッド

各部清掃後、まずは検査を行います。

コンロッドは専用設計の検査治具を用いて曲がり・ねじれ等チェックしていきます。

続いてクランクシャフトに移ります。

クランクシャフトメインジャーナル部分を測定してシャフトの振れを確認していきます。以下、測定データとなります。タイトルをクリックして頂けるとご覧になれます。

各部、精度測定が終わりましたので、組み付けに入ります。

クランクメタル同様、状態は良好でしたが大きな負担のかかるコンロッドメタルは
状態の良否に関わらず当社では新品交換する決まりとなっています。

準備完了です。

つづく