ロアケース:シフト

アッパーケース側の準備が整いましたので、ロア側に移ります。

まずはシフトまわりから。構造はシンプルですが、構成される部品の摩耗がダイレクトにギアチェンジの不具合となって表れる部分なので注意して進めます。

シフトフォークとドラムに関しては、当社の膨大なストックの中から、あらかじめ選考された状態の良いものを使用します。

見落とされがちですが、シフトロッドの微細な摩耗も見逃せない部分なので、今回は新品をチョイスします。

各関連パーツの清掃・検査後、適切に取り付けていきます。

更に、ケース塗装のために外しておいたオイルポンプと連動するドライブギアもボルトとクリップを交換して取り付けます。

つづく