トランスミッション

トランスミッションは腰下分解前に、前回ご紹介したシフトとの連動した動きを確認し、更に単体での分解を行って細部の摩耗や消耗パーツの交換を実施します。

上写真がインプット側、下がアウトプット側となります。

ギアの噛み合う部分は摩耗が判断しやすいですが、内側のシャフトやワッシャーと干渉する部分の摩耗はトランスミッション自体のガタを生んでしまうため、検査・確認を繰り返し、判断します。ベアリングも消耗が見られた場合はプレス機にて交換を行います。

シャフト、ギアそれぞれのオイルラインを適正に確保し、仕上げます。

クランクケースに搭載後、再びチェックが待っています。

つづく