アッパーケース:ワンウェイクラッチ

前回に引き続き、アッパーケース側の組み付けを行います。

旧型のワンウェイクラッチは、これから先数年使用する間のどこかで必ず滑りが発生します。しかもそのトラブルが起きた時に交換するにはエンジンを車体から降ろして分解しないと交換できない部分でありますのでオーナー様へのコスト負担が非常に大きな個所となります。当社ではコンプリート車両やエンジンオーバーホールのご依頼を頂いたお客様には必ず、アイドルギアと共に改良型のものを使用するようにしています。

ちなみに右側が旧型のモデルとなります。

ケース塗装の為、取り外したベアリングを圧入後、組み付けていきます。

適正に組み付けて動作確認を行い、完了です。

つづく