コンロッド

クランクシャフトからコンロッドを取り外し、検査していきます。

専用検査治具を用います。

コンロッドの曲がり・歪み等、確認していきます。

コンロッド自体にはダメージがありませんでしたが、メタル部分(下の写真)が見られたので新品へ交換です。

コンロッドは清掃・バリ取りを事前に行っておき、組み付けを待ちます。

つづく