クランクシャフト

今回は、クランクシャフトを清掃後シャフトの振れ計測を行い、コンロッドを組み付ける作業となります。

クランクシャフトメインジャーナル部分を測定し、シャフトの振れをチェックします。
以下が測定データとなり、タイトル名をクリックして頂けるとご覧になれます。

精度測定が終わりましたので再度清掃の上、コンロッドの取り付けに入ります。

以前ご報告しましたように、新品のコンロッドメタルを使用します。

適正に取り付けを行い完了です。

つづく