エンジン完成

エンジン製作も最終段階となります。 ヘッドカバー・ボルトは専門業者に再塗装処理を依頼し、ガスケット類は新品を用意します。 ウォーターライン・オイルラインも仕上げていきます。 オルタネーター・セルモーター・パルス廻りはオー...

シリンダーヘッド part2

カムシャフトは中古とはなりますが、非常に状態の良い個体をご用意できましたので、こちらを使用します。 すべて清掃・チェックを行いますが、特にカムシャフトキャップはバリ取りと面だしを事前に行っております。 カムシャフト搭載は...

腰上~ピストン

これより腰上の組付けに移行します。 シリンダー内へ組み入れていたピストンを再度取り出し、コンロッドへ組付けていきます。 エンジンオイルを適時塗布して、#2・#3ピストンから取り付けていきます。 #1・#4ピストンに移りま...

腰下~オイルパン・ポンプ

腰下底部、オイル関連パーツの組付けに入ります。 まずはオイルポンプからです。 パイプ類のつまりが無いか再度エアコンプレッサーで確認を行い、Oリングを準備します。 特に、この樹脂パーツはオイルパイプの脱落に関わる重要部品で...

腰下~クラッチ

前回のケースボルト締め付けの際に付け替えたエンジン台を再び元に戻し、組付けを続けます。 腰下部品の下準備をご紹介したブログの中で抜けておりましたが、当然クラッチの精査も行っておりますので、ここでご紹介します。 主に、クラ...

腰下~クランクケース

腰下内部部品の準備が整いましたので、クランクケースを閉じます。まずはメインベアリングキャップを取り付けます。 バランサーを適正な位置で組むために、この時点でタイミングローターの仮付けを行います。 最終的にオイル&...

腰下~トランスミッション

トランスミッションをアッパーケースに搭載していきます。 ベアリングとケースを固定するリングは摩耗が現れやすく、結果トランスミッションのガタを生み、様々なトラブルの起点になるパーツであるため、必ず新品を用います。 ギアを1...