腰上分解part2

前回に引き続き、シリンダヘッド・シリンダを降ろしてチェックしていきます。

この後、洗浄・カーボン除去等の為、外注先へ向かい、更に自社でバルブのシートカット・すり合わせを行いますが、この段階でエンジンの状態と、どのような乗り方をされてきた個体かをチェックしておきます。

シリンダ・ピストンもボーリング・新品交換となりますが、同様にこの時点でのチェックは必須です。

つづく